ニュース

和風のイメージが強い山菜も洋風にアレンジ

今だけの春の味・わらび。水煮は年中出回りますがフレッシュなものはこの短い期間のみです。アク抜きしてお揚げと炊くのが定番ですが、バターとだし醤油などで小かぶと一緒に炒め煮にするのもおいしいです。この場合炒めるだけだと味が乗りにくいので少し煮ることがポイント。炒め煮が余ってしまったらグラタンの具材に入れるとわらびの歯ごたえと風味が楽しい一品になります。炊き込みピラフの具材にするのもおすすめです。アク抜きが少し面倒ですがこの季節だけなのでぜひご賞味ください。

 

 

 

 

丹波農場で育てられた現在販売中のミニトマト各種です

現在、販売中の丹波農場で育てられたミニトマト[続きを読む]

喉に優しい金柑シロップ煮にレモンと生姜をいれて爽やかアレンジ

古くから愛されている保存食の金柑のシロップ煮[続きを読む]

煮込むととろりとした食感になる冬の京都伝統野菜・聖護院大根

11月頃から出回り、12月、1月にかけて本格[続きを読む]

冬の楽しみ・下仁田ねぎは魚介と共にスープにしても

冬場のおねぎといったらコレ、と言われるほど近[続きを読む]

サラダの具材にしてもおいしい日本のドライフルーツ・あんぽ柿

干し柿はそのままお茶と一緒におやつに・・・と[続きを読む]

他ではあまりお目にかかれない丹波農場の「根付き」コリアンダーです

コアなファンが多いコリアンダー。呼び名はパク[続きを読む]

どんどん味がのってくる南瓜は簡単ハニーローストにしても

夏場の南瓜とは違い、今からどんどんねっとりと[続きを読む]

北海道農場で栽培された人参が販売中です

羊蹄山の麓の広々した大地にある八百一の郷・北[続きを読む]

色も美しい秋みょうがは今だけです

この時期だけの特別な野菜で濃い紅がとても美し[続きを読む]

暑い日にぴったりの大粒ぶどうの食べ方です

巨峰やピオーネなど大粒のぶどうがおいしい季節[続きを読む]