ニュース

とろとろでプルンとした食感がくせになります

京都では昔から「だいしろ」と呼ばれる江戸柿(代白柿)が市場に出回ってきました。皮がはちけそうなくらいに熟れ熟れになってから冷凍庫に入れ、半凍りになったところで食べると果肉のプルプルしたゼリー状の食感も楽しめるのでおすすめです。ただいくらトロトロで甘くなったとはいえ不完全渋柿。ジャムなどの加熱調理をしてしまうと渋が戻ってしまいますので、お気をつけください。

img_0891

 

img_0908

喉に優しい金柑シロップ煮にレモンと生姜をいれて爽やかアレンジ

古くから愛されている保存食の金柑のシロップ煮[続きを読む]

煮込むととろりとした食感になる冬の京都伝統野菜・聖護院大根

11月頃から出回り、12月、1月にかけて本格[続きを読む]

冬の楽しみ・下仁田ねぎは魚介と共にスープにしても

冬場のおねぎといったらコレ、と言われるほど近[続きを読む]

サラダの具材にしてもおいしい日本のドライフルーツ・あんぽ柿

干し柿はそのままお茶と一緒におやつに・・・と[続きを読む]

他ではあまりお目にかかれない丹波農場の「根付き」コリアンダーです

コアなファンが多いコリアンダー。呼び名はパク[続きを読む]

どんどん味がのってくる南瓜は簡単ハニーローストにしても

夏場の南瓜とは違い、今からどんどんねっとりと[続きを読む]

北海道農場で栽培された人参が販売中です

羊蹄山の麓の広々した大地にある八百一の郷・北[続きを読む]

色も美しい秋みょうがは今だけです

この時期だけの特別な野菜で濃い紅がとても美し[続きを読む]

暑い日にぴったりの大粒ぶどうの食べ方です

巨峰やピオーネなど大粒のぶどうがおいしい季節[続きを読む]

瑞々しい新しょうがはシロップづくりにぴったりです

土生姜にくらべ、水分を多く含んでいる新しょう[続きを読む]