7月上旬北海道農場の風景

今年北海道は雨ばかりで作物の生育も順調とは言えませんがやっと圃場も青々としてきました。
収獲を終えたアスパラ、これから秋まで育成期間となります。秋までの育成期間で来年に向けて養分を蓄えます。その養分によって再び来年の春にはアスパラが収獲することができます。

南瓜(味平)着果。まだ1センチにもみたない小さな南瓜です。これから一か月半程度で2キロ〜3キロ程度まで大きくなります。南瓜の先端の尖ってる部分が花で、あと4〜5日程度で開花し、自生しているハチによって受粉が行われます。現在、北海道農場では一万株以上の南瓜(味平・バターナッツ・坊っちゃん・雪化粧)を栽培しています。

hokkaido06-2

 

hokkaido06-1

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]

12月後半・丹波農場の風景

丹波農場・施設における冬場の最大の課題はやは[続きを読む]

ichigo

11月下旬から12月の丹波農場の風景

この時期の丹波農場の施設ではミニトマト、いち[続きを読む]

tango201611-1

11月後半・丹後農場の風景

11月後半の丹後農場ではオレンジ色のカリフラ[続きを読む]

DSC_0148

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では、9月中下旬に定植したイ[続きを読む]

tanba10_3

9月下旬丹波農場の風景

9月下旬の丹波農場では、11月下旬頃から収穫[続きを読む]

201609tanba2

8月下旬から9月上旬丹波農場の風景

8月下旬の丹波農場は好天続きで雨が降らない日[続きを読む]