3月下旬北海道農場の風景

北海道農場では少しずつ春の気配が漂ってき始めました。そんななか毎年恒例の作業となっていますが融雪剤(土にかえる炭)散布を行いました。融雪剤散布によって雪解けが一週間ほど早まります。例年よりも雪は少ないですが、まだ圃場には1メートル近い雪があります。グリーンシーズンが短い北海道にとっては融雪剤散布により一週間雪融けが早まるということはとても貴重な時間を得られることとなります。

今後雪解けが進むにつれて圃場作業に向けての準備も少しずつ始まります。
201604hokkaido01 201604hokkaido02

丹波農場のアイコトマトが色づいてきました

丹波農場で栽培されているミニトマトが色づきは[続きを読む]

京北農場のECOいちごの出荷が始まりました

京北農場で栽培されているECOいちごの出荷が[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地ものとして白菜、赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場ではスイスチャードやサラダわ[続きを読む]

丹波農場のミニトマトは11月下旬にお目見え予定です

丹波農場で栽培されているアイコトマトなどのミ[続きを読む]

今年のECOいちごは12月上旬販売開始予定です

八百一の郷・京北農場で栽培されている八百一オ[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では露地では赤かぶやタアサイ[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では九条ねぎや温室のいちごの[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では露地でも秋冬の作物の用意が[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では夏の終わりの雰囲気はまだ続[続きを読む]