3月下旬北海道農場の風景

北海道農場では少しずつ春の気配が漂ってき始めました。そんななか毎年恒例の作業となっていますが融雪剤(土にかえる炭)散布を行いました。融雪剤散布によって雪解けが一週間ほど早まります。例年よりも雪は少ないですが、まだ圃場には1メートル近い雪があります。グリーンシーズンが短い北海道にとっては融雪剤散布により一週間雪融けが早まるということはとても貴重な時間を得られることとなります。

今後雪解けが進むにつれて圃場作業に向けての準備も少しずつ始まります。
201604hokkaido01 201604hokkaido02

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では珍しいアーティーチョークな[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場ではじゃがいもの花が咲いたり、[続きを読む]

4月丹波農場の風景

      &[続きを読む]

4月六角農場の風景

     

3月六角農場の風景

3月の六角農場では冬の名残りの野菜もありつつ[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では菜の花がよく育っているのを[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では葉つきの人参がよく育ってい[続きを読む]

2月丹波農場の風景

2月の丹波農場では各種ミニトマトのほかにカー[続きを読む]

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では施設内でのハーブやミニトマ[続きを読む]

1月六角農場の風景

六角農場内のハウス施設にもいちごが実り始めま[続きを読む]