収穫まではあと2ヶ月ほど

今月の丹後農場からはそうめん南瓜についてご紹介いたします。
そうめん南瓜は果実を輪切りにして茹でた後ほぐすとそうめんの様な姿に見える事からその名前がつけられたそうです。丹後農場では4年前から栽培を始め今年で5年目の挑戦となります。今年は定植を行った5月の上旬~中旬にかけて春の嵐と呼ぶにふさわしいような強風に見舞われてしまい一部の株が被害を受け、植え直し等を行いましたが何とか耐えしのんでくれてその後は順調に育ってくれています。現在は整枝という作業を行って果実をならす蔓を選択することを行っています。そうすることでより大きく美味しい南瓜を収穫することができます。収穫まで後2カ月くらいかかる見込みですがそれまで頑張って育てていきますので夏頃にはぜひとも一度そうめん南瓜をご賞味下さい。
tango6_main

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]

12月後半・丹波農場の風景

丹波農場・施設における冬場の最大の課題はやは[続きを読む]

ichigo

11月下旬から12月の丹波農場の風景

この時期の丹波農場の施設ではミニトマト、いち[続きを読む]

tango201611-1

11月後半・丹後農場の風景

11月後半の丹後農場ではオレンジ色のカリフラ[続きを読む]

DSC_0148

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では、9月中下旬に定植したイ[続きを読む]

tanba10_3

9月下旬丹波農場の風景

9月下旬の丹波農場では、11月下旬頃から収穫[続きを読む]

201609tanba2

8月下旬から9月上旬丹波農場の風景

8月下旬の丹波農場は好天続きで雨が降らない日[続きを読む]