2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の収穫もほぼ終わり、マルチや鳥害用ネットの撤去作業を始めています。下旬には成長しつつある秋播きエンドウの誘引ネットの設置を行い、春播きエンドウの播種をしました。今年は晩生の品種で栽培している花菜は、脇芽からの花蕾も出始めて収穫できつつあります。撤去が完了した圃場から、堆肥や籾殻を投入して春夏の圃場準備を進めていきます。

施設内では2月は全国的に春を先どりした様な陽気の日が何日かみられ、平均気温も一月と比べて一段上昇したと言えるものでした。その為か、ハウス内のトマトも色付きや熟してくるペースが早まり始めてきました。よく肥大して色付いた収穫適期の果実の出荷を続けて参ります。少しづつ日差しが強くなり、日も長くなってきた立春後、イチゴの株のどんどん元気になってきています。果実もどんどん色付き収穫量も増えてきました。

 

 

 

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]