2日間で10000株を定植!

5月から6月にかけて北海道農場では植付が真っ盛りで、短い夏にむけて雪解けと同時に畑を耕し、種や苗を植付ていきます。当たり前の工程なのですがどのような作物にも適期というものがあります。寒すぎても暑すぎても、また土が乾きすぎていても良くはありません。雨が降る日を天気予報とにらめっこしながらそこに合わせて作業を進めます。作物の花の開花時期をハチが飛び回る時期に間に合う様に四苦八苦しながらの作業です。今年も南瓜の定植作業が無事終了しました。その数10000株!これを一つ一つ丁寧に植付をしていくのですが何せ広い畑です。進めど進めどゴールには辿り着かず・・・それでも2日間かけて定植をした南瓜たちは元気に育ってくれています。まだまだ圃場裏手にある羊蹄山に雪が残っていますが北海道農場もいよいよ春本番、気持ちの良い季節の到来です。

hokkaido6_main

6月六角農場の風景

6月の六角農場では賀茂茄子が徐々に実を大きく[続きを読む]

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場ではズッキーニやエンサイの収穫[続きを読む]

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場は今期終了間近のいちごの収穫や[続きを読む]

5月六角農場の風景

六角農場ではじゃがいもの花が咲き、バジルも地[続きを読む]

4月下旬丹波農場の風景

4月の丹波農場では施設でトマトが実り、来作の[続きを読む]

4月下旬六角農場の風景

4月下旬の六角農場では種を取る用の九条ねぎの[続きを読む]

3月下旬丹波農場の風景

3月下旬の丹波農場では残り3ヶ月となったいち[続きを読む]

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]