丹波黒豆のお花です

毎年栽培をしている黒豆が綺麗な紫色の花を咲かせています。黒豆はだいたいお盆頃に花を咲かせ始めます。暑さの厳しい時に花を咲かせるのですが、その時の環境が黒豆にとって良くないと花が散ってしまいます。そこで、この時期の環境を良くするために用いられる方法が畝間潅水という方法です。畝間に水を流し、黒豆がたっぷり水を吸えるようにすると共に、株周りの気温を下げることで、環境を良くしてやります。しかし丹波農場ではこの方法ができないので、スプリンクラーを使って水やりをし環境を良くしています。

今では最初に咲いた花は実になってきています。成長し枝豆として出荷できるようになるまでには、もう少し時間がかかりますが、10月の中頃には丹波の秋の味覚をお届けできると思います。

tanbahonbun

2月丹波農場の風景

2月の丹波農場では、年明け以後は例年よりも日[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では、京都の野菜の京せりや九条[続きを読む]

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地は九条ねぎ、花菜などが[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場は冬野菜の収穫の真っ盛りです。[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月も半ばを過ぎましたが、暖冬でいまだ早朝[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では冬においしいかぶや赤かぶ[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]