12月後半・丹波農場の風景

丹波農場・施設における冬場の最大の課題はやはり日照時間との関係。12月は冬至の日を頂点に一日の中で昼の時間が最も短くなる月であり、作物にとっては光合成に必要な日光が不足しがちな環境となります。丹波農場のミニトマトもそうした季候条件の下、懸命に育成をつづけています。けして多いとは言えない晴天の日や晴れ間を活かせるよう、ハウス内の温度管理などを試行錯誤してきた結果、どうにか良い果実が収穫できました。やがて来る春に向けて備える期間はもう少し続きます。また露地栽培では大株の水菜や殿芋などお正月商材の最終調整や出荷に追われた12月末でした。

 

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場では積雪もあり、ぐっと寒くな[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では金時人参などの冬野菜の収[続きを読む]

丹波農場のアイコトマトが色づいてきました

丹波農場で栽培されているミニトマトが色づきは[続きを読む]

京北農場のECOいちごの出荷が始まりました

京北農場で栽培されているECOいちごの出荷が[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地ものとして白菜、赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場ではスイスチャードやサラダわ[続きを読む]

丹波農場のミニトマトは11月下旬にお目見え予定です

丹波農場で栽培されているアイコトマトなどのミ[続きを読む]

今年のECOいちごは12月上旬販売開始予定です

八百一の郷・京北農場で栽培されている八百一オ[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では露地では赤かぶやタアサイ[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では九条ねぎや温室のいちごの[続きを読む]