12月中頃の収穫開始を目指して

9月中旬と下旬に2回に分けて定植したやよい姫(イチゴ)が無事活着してスクスク育ってくれています。10月中旬には花蕾が出てくる予定ですが、出蕾したらクロマルハナバチの登場です。晴れた日には20匹程の働き蜂がハウス内をブーンブーンと飛びまわり、授粉に大いに活躍してくれます。1匹が一日におよそ3000花の花粉を集めているそうですよ。やよい姫の収獲は12月中旬開始の予定です。皆さんが楽しみにされているクリスマスの頃に大きな実を店頭に並ばせられるように、定植前の苗を夜温12℃に下げて花芽を付ける時期を早めたり、定植する日にちも調整したりと工夫して管理してきました。今後も皆さんに喜んで頂ける様、大事に育てていきます。

一方露地では10月中旬から丹波地方特産の黒枝豆の収穫が始まります。枝豆は旬の短い野菜なのでタイミングを逃さないよう、収獲が始まると作業者を増員して刈り取り班と選別班に別れて並行して作業を行ないます。黒豆の香りと慌ただしさの漂うこのお野菜、みなさんも食べ逃さないように店頭でチェックして下さいね。tanba10-m

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]