11月下旬から12月の丹波農場の風景

この時期の丹波農場の施設ではミニトマト、いちごを中心に育てており少しずつ収穫量が増えてきました。露地のほうではタアサイ、花菜、水菜が中心です。先月、一度掘り起こした殿芋は小芋を選別し3週間ほど土の中で寝かせて調整作業を経て12月下旬にお正月用に出荷予定です。

 

 

ichigo

 

hanana

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では、夏の露地作物の定植や年末[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場ではハーブのお花や野菜のお花な[続きを読む]

4月丹波農場の風景

4月の丹波農場では春のえんどうまめや春ネギな[続きを読む]

4月六角農場の風景

お客様のご愛顧のおかげで今月6周年をむかえた[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では日光が多く取れる日も増えて[続きを読む]

3月六角農場の風景

3月の六角農場では日差しが美しい日や寒い日な[続きを読む]

2月丹波農場の風景

2月の丹波農場では、年明け以後は例年よりも日[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では、京都の野菜の京せりや九条[続きを読む]

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地は九条ねぎ、花菜などが[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場は冬野菜の収穫の真っ盛りです。[続きを読む]