11月下旬から12月の丹波農場の風景

この時期の丹波農場の施設ではミニトマト、いちごを中心に育てており少しずつ収穫量が増えてきました。露地のほうではタアサイ、花菜、水菜が中心です。先月、一度掘り起こした殿芋は小芋を選別し3週間ほど土の中で寝かせて調整作業を経て12月下旬にお正月用に出荷予定です。

 

 

ichigo

 

hanana

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場では毎年人気のエンサイの収穫も[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では京都の伝統野菜の賀茂茄子や[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では珍しいアーティーチョークな[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場ではじゃがいもの花が咲いたり、[続きを読む]

4月丹波農場の風景

      &[続きを読む]

4月六角農場の風景

     

3月六角農場の風景

3月の六角農場では冬の名残りの野菜もありつつ[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では菜の花がよく育っているのを[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では葉つきの人参がよく育ってい[続きを読む]

2月丹波農場の風景

2月の丹波農場では各種ミニトマトのほかにカー[続きを読む]