10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では、9月中下旬に定植したイチゴは、10月中旬から開花し始めました。定植直後の天気が悪かったので、例年より開花が遅れています。これから株を大きく育て、遅れを取り戻していくよう管理していき、収獲は11月下旬から始まる予定です。10月から丹波農場のトマトも収穫を迎えました。今年は秋の気温が平年より高く、色付きもその分早まり、下旬には全ての栽培品種で収獲が始まりました。秋のここ2カ月ほどの管理の出来具合が、冬から春以降までの状態に大きく影響する管理の難所となります。10月中下旬は黒豆を枝豆として収穫する黒枝豆の収穫時期でした。普通の枝豆と比べて豆が大きく、味にコクのあるのが特徴です。黒枝豆の収穫作業と並行して、冬の丹波農場の主力作物タアサイの定植を進めています。

DSC_0148

 

tanba11-2

 

tanba11-3

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

6月六角農場の風景

六角農場では旬の賀茂茄子が少しずつ大きくなっ[続きを読む]