10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物にむけて作業が進んでいます。
バジルは旬の夏作が終わり、冬作へと植え替えを行いました。寒さと病気に気をつけながら、春まで継続して出荷できるよう栽培していきます。
昨年も大好評だった水菜を今年も育てています。関西地方では昔から年末年始に水菜たっぷりのはりはり鍋を食べる文化があります。丹波農場では年末に大株の水菜を出荷できるよう、現在育苗中、そろそろ定植時期が近づいてきました。
そして丹波の代表的な作物黒大豆。今年の黒枝豆は夏場の高温と渇水により、莢の数が少ないです。その中でも無事ついた莢は丹波の黒枝豆らしく、しっかりと太っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では施設ではハーブ類がよく育ち[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では夏野菜の収穫が進んでいます[続きを読む]

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場では毎年人気のエンサイの収穫も[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では京都の伝統野菜の賀茂茄子や[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では珍しいアーティーチョークな[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場ではじゃがいもの花が咲いたり、[続きを読む]

4月丹波農場の風景

      &[続きを読む]

4月六角農場の風景

     

3月六角農場の風景

3月の六角農場では冬の名残りの野菜もありつつ[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では菜の花がよく育っているのを[続きを読む]