1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場は雪で覆われ10日程も収穫ができない状態となりました。今までも雪で1日収穫ができないという事はありましたが、ここまで雪がとけないと言うのは初めてのことでした。まだ赤カブが1万個、タアサイが5万株ほどありますが、雪焼けで傷んでいるものもでてしまったり、腰の下あたりの背の高さの花菜も雪で完全に埋まり順調にでていた側枝もほとんど折れてしまいました。雪が完全にとければ葉面散布等で樹勢の回復に努めます。陽射しが戻ってきたことで、ハウス内のトマトも花付きなどを見ると調子が良くなってきたように思えます。現在は来るべき春に向けて、収穫増を狙うために側芽を伸ばして株数を増やしてゆく管理を進めています。

 

 

 

 

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]