1日15トンから20トン近くを収穫!

9月から10月にかけて北海道農場ではいよいよ収穫の最盛期を迎えております。そんな中今年も馬鈴薯「キタアカリ」の収穫作業が開始されました。馬鈴薯の収穫は葉や茎がすっかりと枯れ上がってから行います。当然圃場は青々と茂った茎も葉もないわけで・・・土しかありません。その土の中には北海道の厳しい気候で元気に育った「キタアカリ」がたわわと実っているんですよ。今年は全国的に不安定な天候の中忍耐強くたくましく育ってくれました。そんな北海道農場の馬鈴薯は収穫後1カ月以上は寝かせてからの出荷となります。ちなみに画像の赤いトラクターで一日あたり15トンから20トン近くも収穫していきます。そのトラクターの上でスタッフが4人がかりで掘り出されたキタアカリの選別もしながらどんどんと収穫していきます。店頭に並ぶのはまだ先ですが楽しみにお待ちください。

hokkaido10_m

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場は今期終了間近のいちごの収穫や[続きを読む]

5月六角農場の風景

六角農場ではじゃがいもの花が咲き、バジルも地[続きを読む]

4月下旬丹波農場の風景

4月の丹波農場では施設でトマトが実り、来作の[続きを読む]

4月下旬六角農場の風景

4月下旬の六角農場では種を取る用の九条ねぎの[続きを読む]

3月下旬丹波農場の風景

3月下旬の丹波農場では残り3ヶ月となったいち[続きを読む]

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]