黄金色に色づきました

先月花を咲かせていた稲も、今ではしっかり成長し実ってきました。穂の色も緑色だったのが黄金色に近づいてきています。

後もう少しで、収穫時期を迎えるのですが、この時期一番気をつけないといけない事があります。それはこの時期特有の病気や害虫があることです。病気では穂いもち病というのがあり、名前の通り穂がいもち病と言う病気にかかってしまうことです。この病気にかかると、穂の成長が止まり枯れてしまいます。その上周りにも感染しやすく一気に広がってしまいます。害虫ではカメムシの被害が代表的です。カメムシの害にあうとお米に黒い斑点ができてしまい、見た目も味も悪くなります。

幸いにも今年は暑い日が多く蒸し暑い日が少なかったので、いもち病の発生もなくカメムシの被害も今のところありませんでした。

9月10日頃に稲刈りを行う予定なので、それまで後もう少し見守って行きたいと思います。

SN3U0573

 

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]

12月後半・丹波農場の風景

丹波農場・施設における冬場の最大の課題はやは[続きを読む]

ichigo

11月下旬から12月の丹波農場の風景

この時期の丹波農場の施設ではミニトマト、いち[続きを読む]

tango201611-1

11月後半・丹後農場の風景

11月後半の丹後農場ではオレンジ色のカリフラ[続きを読む]

DSC_0148

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では、9月中下旬に定植したイ[続きを読む]

tanba10_3

9月下旬丹波農場の風景

9月下旬の丹波農場では、11月下旬頃から収穫[続きを読む]

201609tanba2

8月下旬から9月上旬丹波農場の風景

8月下旬の丹波農場は好天続きで雨が降らない日[続きを読む]