素材のおはなし

鳴門金時

紅色の皮に、甘くて鮮やかな黄金色。鳴門金時は、1979年に高系14号という品種の改良種として誕生しました。

鳴門海峡、主に鳴門市や川内町、松茂町などの砂地でつくられるさつまいもがこう呼ばれます。昔は実が黄金色をしている芋を金時芋と呼び、そこから鳴門金時と名付けられました。

ホクホクとした食感と、豊かな甘みが特徴の鳴門金時。徳島県の、温暖で比較的雨の量が少ない気候のなか、年に一度畑に海の砂を混ぜた水はけの良い砂地で、育てられています。そんな恵まれた適地から生まれた鳴門金時は、焼き芋や蒸かし芋などはもちろんのこと、お菓子の素材や天ぷらなどに重宝され、年齢層問わずに人気です。

まだまだ暑い日もあるこの時期は、箱などから出して冷暗所に。また、秋から冬にかけての時期は、乾燥を防ぐために、新聞紙などに包んで冷暗所に保存すると良いです。

9月から10月頃にかけて、収穫の最盛期を迎えます。海のミネラルをたっぷりと含んだ、砂地で育った鳴門金時。ぜひこの時期にお試しください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]