順化という作業を行っています。

今年の2月は、暖かい日もあれば寒い日、雪の降る日もありと温度差への対応が大変でした。

露地で栽培中の花菜も、前半に暖かい日があったこともあり、花芽をつけたのですが、その後気温が低下したこともあり、大きくならない状態が続きました。

3月になって暖かい日が続けば、すくすくと育ってくれると思います。
先月号でもお伝えしましたが、育苗ハウスでは赤キャベツ・わさび菜・スイスチャードの苗がすくすくと育っています。そろそろ定植の時期をむかえるので、暖かい育苗ハウス内の温度を徐々に下げていき、苗を外気に慣らしていきます。この作業を順化というのですが、急に暖かいところから寒いところに出すと苗がびっくりして成長が止まってしまう可能性があるため、この作業を行います。
この農場便りが更新された頃には、定植が終わっている頃だと思います。

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地には霜が降り作物を覆っ[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場の露地では花菜やわさび菜などこ[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]