雪解けを早めるために・・・

4月になり北海道農場のある倶知安町でもめっきりと春らしくなってきました。今年は3月の降雪が例年よりも少なめだったので圃場の雪も昨年よりは少ない様な・・・それでもまだまだ1メートル以上の雪があるんですよ。そんな豪雪地帯ならではの作業を今年も行いました。スノーモービルを使って粉末となっている炭を畑に散布していきます。畑一面がうっすらと黒く染まり、そこに太陽の光を吸収してくれるので雪解けが進んでくれるんです。散布するのとしないのとでは一週間以上も雪解けがかわるんです。この一週間というのは一年の半分を雪に覆われた北海道ではとても貴重な時間になります。そして雪解けが終わる頃にはアスパラが元気に顔を出してくれる嬉しい季節となります。まだまだ雪深い北海道農場ですが5月にはグリーンアスパラ、紫アスパラの収穫を開始します。今しばらくお待ちくださいね。

hokkaido_main

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場では積雪もあり、ぐっと寒くな[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では金時人参などの冬野菜の収[続きを読む]

丹波農場のアイコトマトが色づいてきました

丹波農場で栽培されているミニトマトが色づきは[続きを読む]

京北農場のECOいちごの出荷が始まりました

京北農場で栽培されているECOいちごの出荷が[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地ものとして白菜、赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場ではスイスチャードやサラダわ[続きを読む]

丹波農場のミニトマトは11月下旬にお目見え予定です

丹波農場で栽培されているアイコトマトなどのミ[続きを読む]

今年のECOいちごは12月上旬販売開始予定です

八百一の郷・京北農場で栽培されている八百一オ[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では露地では赤かぶやタアサイ[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では九条ねぎや温室のいちごの[続きを読む]