鉢上げから、こんなに大きくなりました

今年の春は昨年に比べてお天気続きだった為、万願寺やナスの苗たちを順調に育てることができました。
ハウスの万願寺については定植が終わり、葉も色付いて一番花も咲き始めました。残念ながら一番花は生育に影響がある為、実にする前に摘んでしまいますが、その分栄養を蓄えた万願寺は丈夫に成長し、この夏たくさんの実をならせてくれると期待しています。
ところで皆様、庄屋大長(しょうやおおなが)というナスはご存知でしょうか?
「皮や果肉がとても柔らかく、甘くて種もほとんど無く、焼いても揚げても極上」と聞いた私たちは、それは作ってみなくてはと今年挑戦することにしました。
また長ナスの中でも特に長く、実が30cmから40cmという丹後弁だと「まぁ~やぁ~!」と驚く長さで見た目にも楽しませてくれるそうです。是非そんなナスを皆様の食卓へ届けたいという思いで、圃場には堆肥や油カスや鶏糞等、有機質肥料をたっぷりあげて土作りも頑張っています。今後も引き続き愛情を込めて育ててゆきます!

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地には霜が降り作物を覆っ[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場の露地では花菜やわさび菜などこ[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]