金糸瓜、別名そうめん南瓜です

長かった梅雨がようやく明け夏本盤を迎えました。丹後でも連日30度を越える厳しい暑さが続いています。そんな暑さを吹き飛ばす涼しい野菜「金糸瓜」について紹介します。金糸瓜は別名「そうめん南瓜」「そうめん瓜」と呼ばれています。2~4cmほどの厚さに輪切りにし、内部の種を取り沸騰したお湯で15分から20分ほど茹でると果肉がほぐれ、繊維質が素麺のようになるためそう呼ばれています。カロリーは低く、味もあっさりしており、生食ではサラダや酢の物、炒め物ではチャンプルーなど幅広い料理に使え絶品です。

見かけは瓜のようですが、中を開けると魔法のように美しいカボチャです。丹後農場一同、心を込めて出荷しますのでお店で見られた際は是非、手に取ってご覧下さい。
tango08_m

瑞々しい新しょうがはシロップづくりにぴったりです

土生姜にくらべ、水分を多く含んでいる新しょう[続きを読む]

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場では毎年人気のエンサイの収穫も[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では京都の伝統野菜の賀茂茄子や[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では珍しいアーティーチョークな[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場ではじゃがいもの花が咲いたり、[続きを読む]

4月丹波農場の風景

      &[続きを読む]

4月六角農場の風景

     

3月六角農場の風景

3月の六角農場では冬の名残りの野菜もありつつ[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では菜の花がよく育っているのを[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では葉つきの人参がよく育ってい[続きを読む]