金時人参が無事に発芽しました

今月の丹後農場からは「金時人参」について紹介させていただきます。

金時人参は鮮やかな赤色をした細長いタイプの人参で一般的な西洋人参に比べ、栄養成分(β―カロチンやリコピン)も多く含まれています。丹後農場でも毎年少量ですが栽培を行っており、今年は約29a作付けしています。人参は野菜の中でも発芽率が75%程度しかないので種まきをした後、無事に発芽させることができるかが農家としての腕を試されます。灌水設備を設置し、日々の温度に合わせ畑の土の水分量を適切に保つように調整します。今年もそれらの管理を経て無事に発芽させることができました。その後除草、追肥、中耕・土寄せと管理作業を行い収穫へ向け日々頑張って育てています。

収穫は12月の中旬くらいを予定しており下旬頃にはお店へお届けできると思います。

tango10

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]