ニュース

赤黒い表皮が特徴の秋映りんごです

真っ赤というよりも赤黒い表皮を持っている秋映りんご。数年前からよく目にするようになりましたが、まだまだ珍しい種類のりんごです。

 

甘みと酸味のバランスがとてもよくシャリ感もあるので生で食べるのもおいしいですが、加熱していただくのもおすすめ。その場合は皮を一緒に煮込んでいただくと皮の赤色が果肉に移ってとてもきれいなピンク色に仕上がります。

 

今回はお鍋に秋映りんごとほんの少しのお砂糖、レモン汁を入れ蓋をしてじっくり加熱し、かわいらしいピンク色の煮りんごにしました。水を加えずりんごから水分を出して煮るので濃厚なお味になり、ヨーグルトやサワークリームを少しつけて食べると絶品です。

 

 

 

香りの良い国産のパッションフルーツはそのまま食べても

春先から初夏にかけて出回る国産のパッションフ[続きを読む]

ずっしり食べ応えアリの甘夏です

柑橘類がより取り見取りの今の季節、暖かい日に[続きを読む]

ふわふわの白い部分と果肉を一緒に味わう日向夏です

先入観で「柑橘の白い部分は取り除かねば」と思[続きを読む]

洋風のおかずにもおすすめの菜の花です

本格的に暖かくなるまでが旬の菜の花は胡麻和え[続きを読む]

香りが良い日本の柑橘・土佐文旦です

パッと見、大きなグレープフルーツのような日本[続きを読む]

八百一の郷のカーボロネロがおすすめです

まだ日本ではそこまで広く流通していないカーボ[続きを読む]

かぶの甘みがじんわりしみ出した滋味スープがおすすめ

寒くなってきてスープがおいしい時期。オーブン[続きを読む]

ケールはサラダやソテーにもおすすめです

丹波農場で栽培されたケールが少量ですが店頭に[続きを読む]

赤黒い表皮が特徴の秋映りんごです

真っ赤というよりも赤黒い表皮を持っている秋映[続きを読む]

茎が筒状なので筒菜といいます

夏場に八百一の郷で栽培されている茎の部分が空[続きを読む]