素材のおはなし

赤シソ

梅干しの赤い色としても、おなじみの赤シソは、ヒマラヤや中国が原産のシソ科の一年草です。漢方医学では昔から薬草としても扱われていました。日本には中国から伝わったといわれています。
日本ではシソは食用として、青シソと赤シソがあり、青シソは、香味野菜として、赤シソは、その色素や風味をいかして梅干しや漬物を漬ける際の色付けなどに使われることが多いです。 梅やらっきょう、新生姜など新物が出回るこの時期は、保存食の季節でもあります。赤シソを使った梅干しやシソジュース、赤シソ酢、梅干しに使った後は乾燥させてゆかりなど、作っておくと色々と重宝する保存食をつくることのできる野菜です。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]