赤キャベツが圃場に定植終了。

今年の夏作は、丹波農場が始まって以来とても厳しい夏でした。例年だと夕立や台風の影響で程よく圃場に水分を確保できていたのですが、今年に限っては、8月になって1回雨が降っただけで、ほとんど雨が降らない状況が続きました。

露地の各圃場には、潅水チューブといって水を流すチューブを設置していたので、水を与えることはできたのですが、雨が降った後の野菜達と潅水チューブで水をあげた野菜達では、なぜか元気さが違うように思います。やはり自然の大きさはすごいものがあると、実感しています。
現在の、農場は夏野菜もそろそろ終了の時期が近づいています。9月に入り先陣を切って登場するのが、毎年恒例の赤キャベツです。

圃場には定植も終わり、この暑さから守るため、昼間は寒冷紗というものを被せています。夕方になるとめくって水をたっぷり与えてやります。ようやく根も動き始めました。この作業を毎日繰り返し、少しでもいい環境で成長できるよう見守って行きたいと思います。出荷の時期については、12月頃になると思います。

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]

8月六角農場の風景

8月の六角農場では時期の長い夏野菜に加えて夏[続きを読む]

8月北海道農場の風景

いよいよスイートコーンの収獲も迫ってまいりま[続きを読む]

7月北海道農場の風景

7月の北海道農場ではようやく良い季節がやって[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では夏の定番野菜の出荷をはじめ[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では暑い中、賀茂茄子をはじめと[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では賀茂茄子が徐々に実を大きく[続きを読む]