ニュース

見た目もおもしろい食用ほおずきです

先月末あたりから少しずつ出回ってきた食用のほおずき。夏場から初秋にかけてが旬で例年だと今から多く出回るのですが、今年は天候からか現状の流通量は少なめです。

どうしても観賞用のイメージが強く「食べられるの?」と思われがちですが、ヨーロッパでは昔から食用のものを栽培し食されていていたそうです。お味は甘酸っぱいフルーツトマトやミニトマトのようで、特有の香りがあります。サラダにいれたり前菜に使ったりジャムやソースにしたりと意外に万能な野菜なので、ぜひお試しください。

 

 

 

香りの良い国産のパッションフルーツはそのまま食べても

春先から初夏にかけて出回る国産のパッションフ[続きを読む]

ずっしり食べ応えアリの甘夏です

柑橘類がより取り見取りの今の季節、暖かい日に[続きを読む]

ふわふわの白い部分と果肉を一緒に味わう日向夏です

先入観で「柑橘の白い部分は取り除かねば」と思[続きを読む]

洋風のおかずにもおすすめの菜の花です

本格的に暖かくなるまでが旬の菜の花は胡麻和え[続きを読む]

香りが良い日本の柑橘・土佐文旦です

パッと見、大きなグレープフルーツのような日本[続きを読む]

八百一の郷のカーボロネロがおすすめです

まだ日本ではそこまで広く流通していないカーボ[続きを読む]

かぶの甘みがじんわりしみ出した滋味スープがおすすめ

寒くなってきてスープがおいしい時期。オーブン[続きを読む]

ケールはサラダやソテーにもおすすめです

丹波農場で栽培されたケールが少量ですが店頭に[続きを読む]

赤黒い表皮が特徴の秋映りんごです

真っ赤というよりも赤黒い表皮を持っている秋映[続きを読む]

茎が筒状なので筒菜といいます

夏場に八百一の郷で栽培されている茎の部分が空[続きを読む]