ニュース

見た目もおもしろい食用ほおずきです

先月末あたりから少しずつ出回ってきた食用のほおずき。夏場から初秋にかけてが旬で例年だと今から多く出回るのですが、今年は天候からか現状の流通量は少なめです。

どうしても観賞用のイメージが強く「食べられるの?」と思われがちですが、ヨーロッパでは昔から食用のものを栽培し食されていていたそうです。お味は甘酸っぱいフルーツトマトやミニトマトのようで、特有の香りがあります。サラダにいれたり前菜に使ったりジャムやソースにしたりと意外に万能な野菜なので、ぜひお試しください。

 

 

 

煮込むととろりとした食感になる冬の京都伝統野菜・聖護院大根

11月頃から出回り、12月、1月にかけて本格[続きを読む]

冬の楽しみ・下仁田ねぎは魚介と共にスープにしても

冬場のおねぎといったらコレ、と言われるほど近[続きを読む]

サラダの具材にしてもおいしい日本のドライフルーツ・あんぽ柿

干し柿はそのままお茶と一緒におやつに・・・と[続きを読む]

他ではあまりお目にかかれない丹波農場の「根付き」コリアンダーです

コアなファンが多いコリアンダー。呼び名はパク[続きを読む]

どんどん味がのってくる南瓜は簡単ハニーローストにしても

夏場の南瓜とは違い、今からどんどんねっとりと[続きを読む]

北海道農場で栽培された人参が販売中です

羊蹄山の麓の広々した大地にある八百一の郷・北[続きを読む]

色も美しい秋みょうがは今だけです

この時期だけの特別な野菜で濃い紅がとても美し[続きを読む]

暑い日にぴったりの大粒ぶどうの食べ方です

巨峰やピオーネなど大粒のぶどうがおいしい季節[続きを読む]

瑞々しい新しょうがはシロップづくりにぴったりです

土生姜にくらべ、水分を多く含んでいる新しょう[続きを読む]

香りの良い国産のパッションフルーツはそのまま食べても

春先から初夏にかけて出回る国産のパッションフ[続きを読む]