素材のおはなし

芽キャベツ

一見、小さくてキャベツの赤ちゃんのような外見をしていますが、キャベツの若芽ではありません。同じアブラナ科ですが、こちらは、長くのびた茎にそって一株に60~70個程、鈴なりになるわき芽で、晩秋から冬にかけて出回りはじめる、今が旬の野菜です。
芽キャベツは地中海沿岸に原生しているケールが祖先です。ベルギーで改良され、日本には明治時代に入ってきたとされています。日本では別名、ヒメカンラン、コモチカンランとも呼ばれています。
下処理が簡単で、クセも少なく食べやすいので、甘みも増しておいしくなるこの時期、シチューや煮物、炒め物など、和洋中いろんな料理に合います。芽キャベツを保存する場合は、水分が逃げないように湿らせた新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存すると良いです。
お料理に彩りを添えてくれる、芽キャベツ。ぜひ色々なレシピを試してみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]