自家製の切り干し大根です

丹後農場からは切り干し大根について紹介させていただきます。

丹後農場では冬を迎えると圃場内は積雪してしまい野菜達の栽培は困難な環境です。そんな中、この時期に何か出荷物を提供できないかと考えたどりついたのが切り干し大根の製造です。その理由としては以前にも取り上げさせていただきましたが聖護院大根は栽培途中や抜き取って輸送するまでの間に割れてしまうものが多いからです。割れてしまうと出荷はできなくなってしまうので廃棄せざるを得ないという状態が続いていました。そこで苦労して育てたものを何とか消費者の方にお届けできないかということで4年くらい前から挑戦を始め、試行錯誤を繰り返しながらようやく切り干し大根の製造が安定してできるようになってきました。写真は大型の電気乾燥機で大根を適当な大きさに裁断したものをトレーに並べ乾燥させていきます。その間、温度や空気の流れをコントロールし適切な水分量になるまで乾燥させます。出来あがりは「パキット」と折れるぐらいになれば完成です。見た目は素朴ですが独特の味わいは何ともいえない風情を感じる事ができると思います。是非一度ご賞味ください。

DSC_0206

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]