聖護院大根を使って

2016年始めの丹後農場は、朝早くからトントントントンと包丁の音が響きます。

例年栽培を行っている聖護院大根ですが、形が整ったものは年末に出荷し、収穫中に寒さで割れてしまったものや畑で割れてしまったものは太めの千切りにし、一晩冷たい風に当て、乾燥機で干しあげます。毎年この時期の丹後農場の紹介でお知らせしていますが、このやり方は数年試行錯誤を重ね、ようやくたどりついたやり方です。肉質が緻密な聖護院大根の食感を残すにはある程度太く切る事が大事になってくるのですが、そうすると乾燥具合が安定しません。数年かけてたどりついたこの聖護院の切干し大根ですが、製造は1月いっぱい続きます。

丹後の雪の中を耐えた聖護院大根の切干し、甘みと歯ごたえを楽しんでいただけると思いますので店頭で見つけられた際は是非一度ご賞味下さい。

丹後01_m

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

6月六角農場の風景

六角農場では旬の賀茂茄子が少しずつ大きくなっ[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では、ミニトマトの収穫ピーク期[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場では夏にむけての商品の栽培が本[続きを読む]

4月六角農場の風景

六角農場ではサラダにおいしいロメインレタスや[続きを読む]

4月丹波農場の風景

丹波農場では今月から新戦力の新入社員を迎え、[続きを読む]