素材のおはなし

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいうちに収穫し、若いさやごと食べることができる、さやえんどうの仲間です。お店では年中見かけることができる野菜ですが、本来の旬は主に春、3月から6月の頃です。
ほのかな甘みと、歯切れ良く色鮮やかな緑が特徴の絹さや。その名前の由来は、若いさやの擦れる音が、衣擦れの音に似ていることからきたともいわれています。
火の通りが早いので、たっぷりの沸騰したお湯で、さっと茹で上げるのがポイントです。水分を失ってしなしなにならないうちに、食べることをおすすめしますが、保存する時は、乾燥にしないよう、ビニール袋などに入れて冷蔵庫へ。
炒め物や汁物、ちらし寿司の具や、つけあわせなどとしても色々と使うことができる絹さや。お料理にさわやかなアクセントをそえてくれる、彩り野菜です。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]