稲の花が見えました

今年は、気温が高かったこともあり例年よりも早く出穂(しゅっすい)しました。
出穂する前に、この穂がまだ茎の中にある状態で、写真を撮りたかったのですが、残念ながら写真を撮る事が出来ませんでした。
その代わりに稲の花を写真に撮ってみました。稲の花は、2枚の緑色の頴(えい)に包まれています。
この頴が後に硬くなってもみ殻となるものです。
稲は出穂すると、すぐその日に穂の上部の花から次々と開花を始めるのですが、不思議なことに午前9時から12時の間だけ開花をすると言われています。
しかも一つの花は1~2時間だけ開花し、その後は頴を閉じてしまい、花だけが頴の外に出されてしまいます。その様子が今回の写真になります。
だいたい開花後45日ぐらいで収穫期を迎えます。予定では9月の上旬~中旬に刈り取りになります。
来月号では、色付きもう少しで収穫期を迎える穂がお見せできると思います。

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地には霜が降り作物を覆っ[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場の露地では花菜やわさび菜などこ[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]