素材のおはなし

甘夏

甘夏の元となる夏蜜柑は、江戸時代に山口県の海岸に流れ着いた果実の種をまいたのが始まりといわれる、柑橘です。
その夏蜜柑から、甘夏は昭和10年、大分県の果樹園で枝変わりとして発見されました。形は夏蜜柑とあまり変わりはありませんが、夏蜜柑よりも酸の抜けが早いので甘味が強いのが特徴です。昭和30年頃から大分や熊本などの温暖な地域で、栽培が本格的に始まり、全国的に知られるようになりました。
2月頃から初夏までが旬の甘夏は、さわやかな香りの甘酸っぱい実が魅力です。そのまま食べても良いですが、ドレッシングやサラダなどに加えて食べるのもおすすめです。保存する場合は、冷蔵庫に入れると苦みが出るので、風通しのよい涼しい室内で。
最盛期に比べると、昭和46年のグレープフルーツの輸入自由化や、新しい品種の登場によって、生産が減少傾向にある状況ですが、甘夏のさわやか甘さと、かすかなほろ苦さは日本では昔から愛され、今でも広く親しまれている味です。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]