炭のちからを借りて

4月になり北海道農場では雪解けがようやっと始まり、長い冬が終わりを告げようとしています。そんな中3月の末ですが、毎年恒例となっている圃場の融雪剤散布を行いました。融雪剤と言ってもなかなかピンと来ないかもしれませんが、簡単に言うと「炭」なんですよ。黒煙をまきちらしながらスノーモービルで走り回っているようですが、散布しているのは融雪剤「炭」。

これが太陽の光を吸収してくれて、雪解けを促進させてくれるんですね。そして雪解けが終わるとこの炭は土へと帰ってくれます。北海道農場では農作業のできる時期が5月から11月上旬ととても限られた時期になります。春先は1日雪解けが早く進めばそれだけ早く作業が開始できるという訳です。限られた時間の中での一日というのはとても大切な時間になります。ちなみに北海道農場では畑を耕し始めるのは例年ゴール・ウィーク前後桜がつぼみをつけた頃。お花見もゴールデンウィーク過ぎなんですよ。

融雪剤散布ホムペ

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]