炭のちからを借りて

4月になり北海道農場では雪解けがようやっと始まり、長い冬が終わりを告げようとしています。そんな中3月の末ですが、毎年恒例となっている圃場の融雪剤散布を行いました。融雪剤と言ってもなかなかピンと来ないかもしれませんが、簡単に言うと「炭」なんですよ。黒煙をまきちらしながらスノーモービルで走り回っているようですが、散布しているのは融雪剤「炭」。

これが太陽の光を吸収してくれて、雪解けを促進させてくれるんですね。そして雪解けが終わるとこの炭は土へと帰ってくれます。北海道農場では農作業のできる時期が5月から11月上旬ととても限られた時期になります。春先は1日雪解けが早く進めばそれだけ早く作業が開始できるという訳です。限られた時間の中での一日というのはとても大切な時間になります。ちなみに北海道農場では畑を耕し始めるのは例年ゴール・ウィーク前後桜がつぼみをつけた頃。お花見もゴールデンウィーク過ぎなんですよ。

融雪剤散布ホムペ

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場は今期終了間近のいちごの収穫や[続きを読む]

5月六角農場の風景

六角農場ではじゃがいもの花が咲き、バジルも地[続きを読む]

4月下旬丹波農場の風景

4月の丹波農場では施設でトマトが実り、来作の[続きを読む]

4月下旬六角農場の風景

4月下旬の六角農場では種を取る用の九条ねぎの[続きを読む]

3月下旬丹波農場の風景

3月下旬の丹波農場では残り3ヶ月となったいち[続きを読む]

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]