素材のおはなし

水茄子

夏野菜といえば、茄子、トマト、胡瓜、ピーマン等がその代表格。胡瓜はウリ科ですが、実はトマト、ピーマンは茄子と同じナス科に属しています。同じナス科でも、味も見た目も随分違いますが、それぞれ、夏を彩る野菜として楽しむことができます。茄子は昨今では、丸茄子、長茄子、米茄子、小茄子など多くの種類がありますが、その中でも、大阪は泉州特産の水茄子をご紹介します。

水茄子栽培の歴史は、江戸時代初期からとも言われ 大阪で昔から伝統的に生産されていた、なにわ野菜のひとつでもあります。昔から商業や海運が盛んであった大阪は、全国から様々な食材が集まり、独特の食文化が発達していったのです。なにわ野菜は現在では。毛馬胡瓜や大阪シロナなど、伝統野菜としての価値が見直され、生産されています。

皮は薄く実も柔らかい。アクが少なく甘みがあって生食でもおいしいです。やや長めの卵形で、何と言っても特徴的なのは、その名のとおり、ぎゅっと実を絞ってみると、果汁のように滴り落ちてくる程の水分。関西では、夏の漬物といえば、これと言われることが多い水茄子ですが、昔は夏の農作業時に、喉の渇きを潤す為にも食べられていたそうです。

これからの状況としては、5~6月まではハウスものが中心でしたが、7~8月頃からは露地ものがピークとなり、出来も順調です。夏の太陽をたくさんあびて育った水茄子は色鮮やかで、味も深みがあって濃いです。ぜひ、この時期に、なにわの伝統野菜の素材の味を味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]