春作の準備が始まっています

3月に入り、二十四節気では啓蟄(けいちつ※冬眠していた虫たちが穴の中から出てくる頃)を過ぎました。
今年は雨が多いですね。年明けから何度か雪も積もりました。
六角農場でも雪が積もり、野菜たちが雪の重みで倒れることもありましたが、何とか元気を取り戻してくれました。
菜花も倒れたり葉が折れたりしましたが、今では回復し、可愛らしい蕾をたくさんつけてくれました。
いつも以上に収穫する喜びが大きくなっています。雨、風、雪にもじっと耐え、ゆっくりと懸命にそれぞれの生命を咲かせていく野菜たち。なんと強く、健気で、美しいのでしょう。
暦の上では春ですが暖かくなるのはもう少し先、春分の日を迎える頃になるでしょうか。
少しずつ春作物の植え付けが始まっている六角農場にも、ぜひお立ち寄り下さいね。

瑞々しい新しょうがはシロップづくりにぴったりです

土生姜にくらべ、水分を多く含んでいる新しょう[続きを読む]

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場では毎年人気のエンサイの収穫も[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では京都の伝統野菜の賀茂茄子や[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では珍しいアーティーチョークな[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場ではじゃがいもの花が咲いたり、[続きを読む]

4月丹波農場の風景

      &[続きを読む]

4月六角農場の風景

     

3月六角農場の風景

3月の六角農場では冬の名残りの野菜もありつつ[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では菜の花がよく育っているのを[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では葉つきの人参がよく育ってい[続きを読む]