寒さで馬鈴薯の甘みが増していきます

12月になり北海道農場ではいよいよ本格的な冬が始まります。全ての収穫を終え、北海道農場では来年に向けて堆肥を散布し、畑を耕して長い冬を迎えます。そして長い冬の間畑はひと休みしその間に来年に向けてまた土が力を蓄えてくれます。長い冬の間、雪に閉ざされても土は凍ることはありません。雪の下って意外と暖かいんですよ。今年は最後の人参収穫を終え、そして来年の準備を終えたまさにその日に夜から雪が降り出しました。同時にこの寒さは様々な恩恵も与えてくれます。寒さが増すと馬鈴薯は自分自身を守ろうとして、澱粉質を糖に変えていきます。ですのでこれから日を追うごとに馬鈴薯の甘みは強くなります。

これから馬鈴薯「キタアカリ」が出荷の最盛期を迎えます。北海道農場産のキタアカリ是非一度ご賞味ください。

ho1214-m

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]