素材のおはなし

宮崎マンゴー

最近では、そのおいしさやPRなどによって、その有名度がすっかり定着した感もある宮崎マンゴー。インドやインドシナ半島周辺が原産とされているマンゴーが、はじめて日本で栽培されたのは、明治も半ばの頃といわれています。日本で栽培されているマンゴーは主に、大玉で味の良いアーウィン種。通称アップルマンゴーとも呼ばれているもので、宮崎マンゴーもその一つ。その名の通りリンゴの様に赤くツヤのある表皮をもち、トロピカルフルーツの女王と呼ばれるに相応しく、濃厚な熱帯の香りと深い甘みがあります。また、樹上で完熟させる宮崎マンゴーの果肉は、繊維質が少ないので柔らかく、とてもジューシーです。

宮崎では以前、完熟マンゴーの栽培する際、果肉には紙袋をかぶせていました。しかし、これだと完熟しているかがわかりづらく、木から落ちてしまうマンゴーが多かったのです。
「なんとか無傷で収穫できないだろうか」そうした生産者の想いのなかで考え出されたのが、マンゴーをネットで包んで端を木に結び、その中に落とすという収穫方法です。甘いマンゴーを作る為、果実がなるのは一つの枝につき、1~2個。一番形の良い花を残して後は摘んでしまいます。そうしてひとつひとつ丁寧に育てられたマンゴーが完熟し、自然に落下するのを待って収穫されているのです。

4月から7月一杯にかけて出荷される、宮崎マンゴーは今がまさに旬の時期。南の暖かい太陽の日差しを受け、たくさんの栄養をもらって完熟した果実は、一度食べたら忘れられない味になること間違いなしです。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]