素材のおはなし

実山椒

山椒は日本では古くから親しまれてきました。野山にも自生し、薬や、薬味として重宝されてきた野菜です。
山椒は時期によって食べる部位も違います。春頃は若い葉や花を食べる、木の芽や花山椒、ウナギのかば焼きなどに使われるものは、秋に皮を乾燥して粉にしたものです。
初夏のこの時期、お店に見かけることのできる実山椒は、山椒の未熟な時期の実です。青々とした実は、独特の香りと、ピリッとした辛みが特徴で、佃煮や、煮物のなどの風味付けなどに使われます。ちりめん山椒や山椒昆布などは、なじみのある保存食ではないでしょうか。保存の際は、湯通しして、冷凍させると長期保存することができます。
現在は、和歌山産の物が終了し、京都産のものが主になっています。実山椒は、初夏の季節限定の旬の味。この季節だからできる保存食や料理などに使ってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]