夏作の育苗も始まっています

2月に入り、上旬は暖かい日もあって野菜達も順調に育っていたのですが、中旬頃から本来の丹波の冬が訪れた気がします。気温も氷点下になる日が増え、積雪まではいきませんが、雪が降る日が増えました。収穫中だったタアサイや辛味大根もそろそろ収穫も終わろうとしています。これからは、春の野菜、花菜の収穫がピークを迎えます。4月中旬頃まで収穫を続けていきます。

その一方で、育苗ハウスでは夏作に向けて育苗を開始しました。露地部では、赤キャベツ、わさび菜、スイスチャード、イタリアンパセリ、六角農場分として万願寺とうがらしの育苗を行っています。今作も美味しい野菜が作れるようがんばっていきたいと思います。

tanba _main

2月丹波農場の風景

2月の丹波農場では、年明け以後は例年よりも日[続きを読む]

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地は九条ねぎ、花菜などが[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月も半ばを過ぎましたが、暖冬でいまだ早朝[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では、ミニトマトの収穫ピーク期[続きを読む]