夏作が始まっています

新緑が賑やかな季節になりました。現在丹波農場露地では3月に植えたスイスチャードや赤キャベツが育ち、また育苗ハウス内ではバジルやエンサイ(空芯菜)、ズッキーニの苗が大きくなってきています。ゴーヤやオクラも近々種を播く予定です。春夏作では15種類の野菜が4町3反程に植わっていくのですが、植える株数はそれぞれ何千、何万という数になります。

畝立てはもちろんトラクターで行ないますが、マルチャーという便利なアタッチメントがあり、これを使うと畝立てと同時にマルチ張ることができます。この便利な機械を使って広い圃場もあっという間にマルチが張れるのですが、丹波農場ではさらに灌水チューブをマルチの間に挟むという技を使っています。夏の作物は水が大量に必要になる為、灌水チューブも欠かせません。便利な機械に助けられ夏にむけて元気な野菜をお店に並べられるよう頑張ります。

tanba-main

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地は九条ねぎ、花菜などが[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場は冬野菜の収穫の真っ盛りです。[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月も半ばを過ぎましたが、暖冬でいまだ早朝[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では冬においしいかぶや赤かぶ[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]