夏作が始まっています

新緑が賑やかな季節になりました。現在丹波農場露地では3月に植えたスイスチャードや赤キャベツが育ち、また育苗ハウス内ではバジルやエンサイ(空芯菜)、ズッキーニの苗が大きくなってきています。ゴーヤやオクラも近々種を播く予定です。春夏作では15種類の野菜が4町3反程に植わっていくのですが、植える株数はそれぞれ何千、何万という数になります。

畝立てはもちろんトラクターで行ないますが、マルチャーという便利なアタッチメントがあり、これを使うと畝立てと同時にマルチ張ることができます。この便利な機械を使って広い圃場もあっという間にマルチが張れるのですが、丹波農場ではさらに灌水チューブをマルチの間に挟むという技を使っています。夏の作物は水が大量に必要になる為、灌水チューブも欠かせません。便利な機械に助けられ夏にむけて元気な野菜をお店に並べられるよう頑張ります。

tanba-main

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

6月六角農場の風景

六角農場では旬の賀茂茄子が少しずつ大きくなっ[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では、ミニトマトの収穫ピーク期[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場では夏にむけての商品の栽培が本[続きを読む]

4月六角農場の風景

六角農場ではサラダにおいしいロメインレタスや[続きを読む]

4月丹波農場の風景

丹波農場では今月から新戦力の新入社員を迎え、[続きを読む]