ニュース

和風のイメージが強い山菜も洋風にアレンジ

今だけの春の味・わらび。水煮は年中出回りますがフレッシュなものはこの短い期間のみです。アク抜きしてお揚げと炊くのが定番ですが、バターとだし醤油などで小かぶと一緒に炒め煮にするのもおいしいです。この場合炒めるだけだと味が乗りにくいので少し煮ることがポイント。炒め煮が余ってしまったらグラタンの具材に入れるとわらびの歯ごたえと風味が楽しい一品になります。炊き込みピラフの具材にするのもおすすめです。アク抜きが少し面倒ですがこの季節だけなのでぜひご賞味ください。

 

 

 

 

ずっしり食べ応えアリの甘夏です

柑橘類がより取り見取りの今の季節、暖かい日に[続きを読む]

ふわふわの白い部分と果肉を一緒に味わう日向夏です

先入観で「柑橘の白い部分は取り除かねば」と思[続きを読む]

洋風のおかずにもおすすめの菜の花です

本格的に暖かくなるまでが旬の菜の花は胡麻和え[続きを読む]

香りが良い日本の柑橘・土佐文旦です

パッと見、大きなグレープフルーツのような日本[続きを読む]

八百一の郷のカーボロネロがおすすめです

まだ日本ではそこまで広く流通していないカーボ[続きを読む]

かぶの甘みがじんわりしみ出した滋味スープがおすすめ

寒くなってきてスープがおいしい時期。オーブン[続きを読む]

ケールはサラダやソテーにもおすすめです

丹波農場で栽培されたケールが少量ですが店頭に[続きを読む]

赤黒い表皮が特徴の秋映りんごです

真っ赤というよりも赤黒い表皮を持っている秋映[続きを読む]

茎が筒状なので筒菜といいます

夏場に八百一の郷で栽培されている茎の部分が空[続きを読む]

この時期だけの珍しい葉とうがらしです

夏の終わりに少しだけ出回る葉とうがらし。京都[続きを読む]