素材のおはなし

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜よりも太く、濃い緑色でぽってりとした瓜状の風貌です。
果肉が厚く肉質がしっかりしているので加熱調理にもぴったりな胡瓜。普通の胡瓜でも中華料理などで炒め物などに使いますが、こちらの胡瓜は煮込み料理にもご利用頂けます。加熱後の食感は冬瓜のようなプリプリ感がたまりません。なお、調理の際は皮をむいて中の種を取り出すようにしてください。
今まであまり食べる機会がなかった方も多いかもしれませんが、ぜひ加賀太胡瓜から金沢の野菜の歴史を味わってみてくださいね。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]