初秋の丹後農場

写真は7月に種まきをした金時人参の現在の様子です。肝心な食用部分は写っていませんが、今まさに土の中で伸びよう太ろうと頑張っている最中ですので収穫までもう少しお待ち下さいね。金時人参は大きくなるまでに時間がかかる品種の為、種まきは発芽率の悪い真夏の圃場でなければなりません。草取りも大変です。栽培がとても難しいお野菜です。その為西洋人参に比べてあまり店頭に出回りませんが、手間暇かけた分、味も格別です。鮮やかな赤色で、人参臭さがなく、柔らかくてとても甘いです。西洋人参と同じように扱うと加熱しすぎで煮崩れしてしまうほど。また、金時人参はカロチンではなく抗酸化作用の高いリコピンが豊富です。
収穫は11月頃を予定しています。どうぞお楽しみに♪

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]