初めての九条ねぎです

8月は西日本中心に歴史的な日照不足といわれていますが、ここ丹後地域でも毎日分厚い雲をにらみながらの作業が続いています。そんな中でも丹後農場では初めて九条葱に挑戦しました。よく干されたネギ苗は葉っぱの養分が下に降りてきて、根っこの部分が小さいものではラッキョウ・大きいものでは小玉ねぎぐらいに太ります。これを2,3本一緒に植えるとその養分を使って競争しながら一気に芽を出します。

残念ながら今年は定植の時期にどんよりした気候でしたが、よく晴れた秋空の元での九条葱の定植風景ははがれたネギ苗の白い皮が風で畑一面に舞い、秋の桜吹雪のような美しい光景になることもあります。

収穫を迎える11月ぐらいになると長さ70センチを超える予定です。寒さが増して、甘く、やわらかくなった九条葱、店頭で見つけられた時は是非ご賞味ください。

tango09_m

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]