冬野菜の播種・定植が目白押し

9月3日に丹波農場の露地では紅心大根の種を播きました。予定では収獲時期をずらすために8月下旬から3回に分けて播く予定でしたが、連日の雨により耕起が大幅に遅れた為、9月に入って3回分まとめて播くことになってしまいました。それでもなんとか播種の適期内に間に合わすことができて良かったです。続けて水菜や花菜、タアサイ等々、冬野菜の播種・定植は目白押しです。

一方施設(ハウス)では現在、アイコやフルティカ等のミニトマトの苗を大切に育てており、まもなく定植となります。収獲は10月下旬から11月頃の予定です。売場に並ぶのをお楽しみにお待ちください。

tanba_09

 

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]