冬作への準備中です

朝晩の冷え込みが始まり出した丹波農場では、すっかり秋らしくなって来ました。現在の農場は、夏作から冬作に変わる時期を迎えています。夏作の撤去を終えた圃場から次々と冬作に向けて準備を進め、準備ができたところから冬作の播種や定植を進めています。今年の丹波農場の露地では、毎年栽培を続けているタアサイ・辛味大根を始め、ミニ白菜や水菜・花菜など約10品目の冬野菜の栽培を行います。次回は出荷間近の作物の紹介ができると思います。早く皆さんに丹波の冬野菜をお届けできるよう愛情を一杯注ぎながら、栽培を続けて行きたいと思います。

丹波

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地には霜が降り作物を覆っ[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場の露地では花菜やわさび菜などこ[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]