冬の京都の野菜の季節はもうすぐ

今月は聖護院大根について紹介いたします。聖護院大根は京野菜の1つにも数えられる丸型の大根で、緻密な肉質・上品な味わいで「おでん」や「ぶり大根」などこれからの寒い季節にとっておきの野菜です。そんな聖護院大根ですが栽培するのは大変な野菜です。収穫時には重量が1.5kg~2kg以上にもなるので畑から収穫してトラックに積み込むのはなかなかの重労働です。また果実が衝撃に非常に弱く割れやすいため無事に製品出荷できる数量が少ないのも生産者にとってネックになっています。そのため丹後農場でも収穫から出荷調整に至るまで細心の注意を払い果実を傷めないように丁寧に取り扱い、箱詰め時にも緩衝材がわりに新聞紙を利用し大根を包み箱の隙間を埋めることで大根の固定を良くするなどの工夫をしています。お店に並ぶのは11月下旬からの予定になりそうですが是非一度丹精込めて作りあげた丹後の聖護院大根をご賞味ください。

tango_main11

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では露地は九条ねぎ、花菜などが[続きを読む]

1月六角農場の風景

1月の六角農場は冬野菜の収穫の真っ盛りです。[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月も半ばを過ぎましたが、暖冬でいまだ早朝[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では冬においしいかぶや赤かぶ[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]