素材のおはなし

佐藤錦

初夏の味覚、さくらんぼ。世界では1000を超す種類があると言われています。そのなかでも国内で最も多く生産され、人気のある佐藤錦。「赤い宝石」と呼ばれるとおり、艶やかでルビーの様に鮮やかな紅色で、光沢のある大粒の実は、さわやかな香りとともに甘みが強く、みずみずしいのが特徴です。

日本にさくらんぼが伝わったのは明治時代。当時さくらんぼの栽培は、収穫しても日持ちが悪く腐ってしまうものや、出荷の途中で痛んでしまうものなど、生産者にとって品種的な部分などで悩みの多いものだったようです。

そうしたなか、果樹の栽培を行っていた山形県東根市の佐藤栄助氏が、味の良い黄玉と、日持ちが良く酸味が強いのが特徴のナポレオンという品種を交配し、根気強く育成し誕生したのが佐藤錦なのです。現在、山形県は日持ちと味の良い佐藤錦の、全国でも一番の生産地となっています。

実をつけることのない季節でも一年中、手間隙かけて丁寧に育てられる佐藤錦が色づき始めるのは、まさにこの時期。

ぷっくりと大粒に実った粒を一つ一つ色つきを見極めて収穫されていきます。

初夏の日射しを受けてみずみずしく育った佐藤錦の美味しさを味わえるこの季節にぜひご賞味ください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]