丹波の春のお味の出荷が始まっています

最近では、朝の冷え込みも厳しいのですが、太陽が顔を出すとポカポカと暖かい日も出てきました。今年の冬は雪があまり降らず、1月で丹波農場が雪化粧になったのは、僅か2日ほどしかありませんでした。

現在、露地部でタアサイを中心に収穫・出荷を行なっています。このタアサイも、2月の中旬ごろには全て収穫が終了してしまいます。その後収穫を行なうものとして、花菜があります。この花菜は丹波農場が開場して以来、毎年栽培を行っています。今作は、定植時期がいつもより早かった事と、雪があまり降らなかったこと(花菜に雪が積もると葉が傷み、株が弱ってしまいます。)で、今のところ順調に大きくなり、収穫も始める事が出来ています。

これから、暖かくなるにつれて収穫量もどんどん増えてくると思います。お店に丹波農場の花菜が並んだ際は、ぜひ丹波の春の味をお試しください。

丹波1月

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]